3児の母が実践!寝かしつけを楽にする方法3選

まだ食器も洗ってない…やることは山積み…早く寝てくれー!

という心の叫びがあちこちから聞こえてくる、子どもの寝かしつけ問題。一緒に横になっていると、寝落ちしてしまい、起きた時の絶望感といったら…。この記事では、早く子ども達を寝かせたい3児の母が実際に行っている、寝かしつけを楽にする方法をお伝えします。

1.子どもの手足をさすってマッサージ作戦

この記事を書いている私タラマイは、本業が鍼灸あん摩マッサージ指圧師という仕事をしています。我が家の子ども達は、私の前にでーんと足を出して、「おかーさん、マッサージしてー」と言ってきます。仕事でもマッサージ、家でもマッサージ…大変じゃない!?
いえ、実は子ども達のマッサージってめちゃくちゃ楽です。だってたださするだけで良いので。
大人のように揉むと子どもにとって刺激が強すぎるので、さすればよいのです!足をさすり、手をさすり、お腹と背中、そして頭のてっぺんをちょちょっとさすったら終了!1分くらいで終わります。
もちろんマッサージとしての効果で血流が良くなり、眠気を誘うという作用もあるのですが、もう一つ!子どもにとって安心出来る存在であるお母さん(お父さんでも可)に触られることにより、オキシトシンというホルモンが分泌され安心するんです。
1分さするだけのマッサージ。すぐ出来そう!?

2.アロマでリラックス作戦

私、実はアロマテラピーの資格も持っています。アロマって大人もリラックス効果があるのですが、子どもにも効果絶大!寝る前に寝室にアロマを充満させておく。子ども達は、「おかーさん、いい匂いだねー」と嬉しそう。ラベンダーもオススメなのですが、鼻詰まりがあって寝苦しそうな時は、ユーカリプタスやペパーミントを配合したアロマですっきりした状態で寝てもらいます。
注意点は、大人もリラックスするので、寝落ちには注意です。苦笑

3.電気を消す

めちゃくちゃ当たり前のことですが、大人のリズムに合わせていると電気はずっとつけっぱなしです。我が家は、子育てを始めてから子どもが寝る時間に大人もリズムを合わせることにしました。そう、我が家の電気は20時過ぎには消えます。笑
もちろん、子ども達が寝てからはいそいそと大人は起き出し、大人の自由時間を楽しむのですが、子ども達の寝る時間には一度全部の電気を消すということをしています。

最後に:子どもの寝かしつけで何か実践出来そうですか?

この記事では、3児の母であるタラマイが実際に行っている子どもの寝かしつけ前にやるべきことをお伝えしました。
少しでも子ども達が早く寝てくれ、大人の自由時間が沢山手に入りますように。

公式LINEでは、妊娠中から子育て期におけるちょっとタメになる情報も配信しています。お気軽に覗きに来てくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です