3児の母の失敗を教訓に!失敗しない離乳食の始め方

3児の母タラマイ
次女ちゃんの離乳食、完全にしくじったよね。。。

私は3児の母です。4歳長女ちゃん、3歳次女ちゃん、そして0歳末っ子長男くんです。失敗といったら、言い過ぎかもしれないのですが、次女ちゃんの離乳食は、しくじった。。。とよく旦那さんと話しています。
どんな事で失敗したのか?そして、その経験を生かし、末っ子長男君の離乳食は、どのように始めていたかを書きたいと思います。
二人目の離乳食を始める方には、特に読んで頂きたいです。

【1】現在の次女ちゃんの様子

現在、次女ちゃんは3歳です。ご飯はもちろん一人で食べる事は出来るし、最近は箸も使えるようになっています。(えらい!)
そんな、箸も使える次女ちゃんなのですが、根本的な咀嚼(そしゃく:モグモグすること)が上手ではありません。お肉は好きだけど、上手に咀嚼出来ないから、とても時間がかかります。(我が家ではコレをお肉地獄と呼んでいる。笑)パンなど、口の中の水分を取られる系の食べ物は、上の歯の裏にため込んで、モニョモニョしてしまいます。

【2】なぜ咀嚼が下手くそなのか?

原因は、私達夫婦が、離乳食をないがしろしてしまったからです。
我が家は、年子なので、次女ちゃんが離乳食を始める頃、長女ちゃんは、2歳になったばかりでした。まだまだ手がかかる2歳児と、100%手がかかる6ヶ月児の離乳食。
親もあっちも食事介助、こっちも食事介助でてんやわんや。結果、次女ちゃんの離乳食が蔑ろに。。。苦笑

【3】離乳食の時期ごとに大事なこと

離乳食初期(ゴックン期:5〜6ヶ月頃)

ゴックン期ポイント
ゴックン期は、まず舌の前後運動を覚える時期

母乳やミルクしか飲んでこなかった赤ちゃんが、スプーンというものを使い、何か分からないが、口に入ってくるという未知の体験をするのです。この時のポイントが、自分の舌でスプーンの上に乗っているドロドロしたやつ(10倍粥など)を口の中に取り込む動きを習得することです。

下唇にスプーンをあてる→口が開いたら、スプーンを少し入れたまま待つ→赤ちゃんちゃん自身が舌で取り込み、口をハムっと閉じるのを待つ→ゴックン出来たかな?をチェックする。
そう、待つ事が大事なのです。長女ちゃんの時は一人目だし、もう穴があくんじゃないか?というくらい、食べる様子を観察していました。知らない内に、その子のペースで食べるのを待てていました。が、先ほども状況をお伝えしたように、次女ちゃんの時は待てませんでした。なんなら、上顎にスプーンで食べ物をなすりつけていました。(コレ、大人もやられたら、結構嫌な気分になりますよ!一度やられてみてください。苦笑)
舌の前後運動をあまり習得できないまま離乳食中期へ

離乳食中期(モグモグ期:7〜8ヶ月頃)

モグモグ期ポイント
モグモグ期は、舌が前後と上下に動く事が大事
が、例のごとく、次女ちゃんはこの動きを習得出来ず。ここだけの話、次女ちゃんよく食べる子だったんです。ご飯を食べてくれるって、親として結構嬉しかったりします。(離乳食作りって、手間がかかるから。)なので、どんどんスプーンにすくってあげていました。まだ口の中に食べ物が残っているのに、次から次に食べ物を詰め込んでいたと思います。舌をうまく動かすスペースがなく、モグモグが出来ない。。。
この時が、今のモニョモニョ食べの基盤を作ってしまったのだと思います。(反省)

離乳食後期(カミカミ期:9〜11ヶ月頃)

カミカミ期ポイント
カミカミ期は舌を前後、上下、左右に動かす事が大事な時期

もはや、中期でちゃんと舌の動きを習得出来ていないから、後期のこんな高度な舌の動きは出来るはずもなく。。。

【4】教訓を末っ子長男に活かす

スプーン選びにこだわる

スプーン選びが大事ということを3人目にして知りました。
離乳食をあげる時に、食べ物を乗せるところがなるべく平らな物をえらぶ。
なぜなら、くぼみがあると、赤ちゃんが口の中に舌で食べ物を取り込む事がやりにくく、また、親も食べ物をあげたいので、結果的に上顎になすりつける形になるからです。
また、スプーンの食べ物を乗せる所にでっぱりがある物を選びます。なぜなら、そのでっぱりがあることにより、沢山の量をあげすぎることを防げるのです。
※オススメのスプーン!というか我が家はコレを使っています!末っ子長男このスプーンのお陰で咀嚼が上手です!

 

待つ(とにかく待つ)

離乳食は、食べる事を一番の目的にしてはいけない。食べる練習をすることが一番の目的です。次から次に食べ物を与えていたら、食べる練習にはなりません。
ちゃんと舌が動いているかな?ゴックンできたかな?このポイントをしっかり見るようにしました。結果、もうすぐ1歳の長男、とてもモグモグが上手です。口を閉じて、キレイに食べる事が出来るようになりました。

【5】次女ちゃんモグモグリカバリー方法

ここまで読んだ人は、次女ちゃんのことを不憫に思うかもしれないので、補足させて頂きたいです。次女ちゃんのように舌を上手に動かせない子には、歯磨きの時間などに、歯ブラシで、舌の側面や、ほっぺの内側をチョンチョンと刺激してあげることにより、舌を動かす感覚がつくとのこと(歯医者さん、情報)
この情報を、次女ちゃんが2歳過ぎて仕入れた私は、歯磨きの時にチョンチョン作戦を行なっていました。コレをすると、確かに少し改善されたと感じました。

最後に:離乳食の一番の目的食べる練習である

今回は離乳食の始め方のポイントをお伝えしました。離乳食を始める際に、以下の事を頭の片隅に置いて頂ければと思います。

  • 離乳食に舌の前後の運動、上下の運動、左右の運動がしっかり出来ているかチェックする
  • スプーン選びは意外に大事
  • とにかく待つ。忍耐力が大事
  • リカバリー方法は、歯ブラシで舌チョンチョン

我が家の教訓を生かし、一人目のお子様にも、そして二人目目のお子様にも目をかけ手をかけ、離乳食をスタートしてみてください。食べる練習を1年かけてするイメージで!

公式LINEでは、妊娠中から子育て期におけるちょっとタメになる情報も配信しています。お気軽に覗きに来てくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です