子どもの寝顔しか見ていないお父さん!今の働き方で大丈夫ですか?

以前、妻のツィートを見て、グサっと刺さりました・・・

僕、多良耕太郎は、2019年5月末まで、会社勤めで、トレーニングコーチという仕事をしていて、基本的に朝から晩まで仕事をしていることが多く、子育てに関しては、ほとんど、妻に任せっぱなしの生活を送っていました。
そのような生活を変えなくては!と思うきっかけとなった、このエピソードについて、今回、記載し、世の中の同じようなお父さんたちの働き方を考えるきっかけになればと思います。

【1】ワンオペで頑張る妻と子ども達を見て決断

以前は、僕の仕事の都合で、平日は、ほぼワンオペ育児の妻。
大きな負担をかけていて、本当に申し訳ないなと思っていましたが、、、頑張っているのは、妻だけじゃなかったというのを、上記のツィートで改めて知ることができました。
当時、長女はもちろん、おそらく3歳の次女も、0歳の長男も、子どもたちなりに、お母さんを助けてあげることができるように、それぞれ頑張ってくれていたのだと思います。自分の大事な子供たちの成長は今しか見ることができない。そして、そんな子供たちの成長を妻と見守るのも、今しかできない。
そんなことを考えていると、自分の父親としての家族との向き合い方を変える必要があるなと、物凄く感じるきっかけとなりました。

そして、ちょうど、世の中的にも、働き方改革という時流もあり、働き方は選べる時代になってきていました。そういった自分自身の生き方、そして、働き方を見直すきっかけと、時流がマッチしたこともあり、僕は、転職という方向に一気に舵をとることにしました。

【2】働き方は自分の意志で選ぶ

僕は、働き方改革は、会社や他人に準備してもらうものではないと思っています。自分が、どういう人生を歩みたいのか?どんな人生を送りたいのか?ということがあって、自分自身の責任のもと自分が選択していくものだと考えています。
多くの人が、今の仕事を自分が抜けると会社が回らなくなるとか、会社に迷惑をかけることになると思うとは思いますが、そんなことは無いと思います。
実際、所属先で退職者が相次いだときに、何とか別のメンバーで補って、数ヶ月も経てば、問題なく運営できていた記憶もあり、「なんとでもなる」という気持ちになりました。
さらに、会社という組織にいて一人が抜けて会社が回らなくなるのであれば、あなた自身が経営者ということ以外においては、まずないといっても良いと思います。同様に、一人が抜けて、立ち往生するような会社は、リスク管理ができていない、人員配置をミスってしまっていると考えることができるので、あなたが所属していようが、いまいが、そう遠くない未来で倒産してしまうと思います。

あなた自身が、自分の人生をどう送りたいのか?どう生きたいのか?という根本的なことから目を逸らさず、向き合う必要があります。だからこそ、働き方改革は、会社や他人が準備する訳ではなく、自分自身で決め、実行する必要があるのです。
そう、働き方は、自分で選べるんです。というか、自分で選ばなきゃいけない時代です。

【3】どんな人生を送りたいかで働き方が変わる

じゃあ、多良は、どういう人生を送りたいと思ったのか?どう生きたいと思ったのか?ということが気になりますよね。
僕は、”子どもたちが、そばにいて欲しい時に、そばにいてあげれる親でありたい”と考えました。これが、まだ幼い子どもたちにとっては、幸せだと思っているからです。そして、散々、僕がやりたいように仕事をして、3人の子育てを一人で担ってくれていた妻には、自分がやりたい仕事をして、もっと幸せになってもらいたいと思いました。そして、結果的に、子どもたちの幸せ、妻さの幸せが、自分自身の幸せになり、もっともっと自分の生き方、人生を変えていくことができると思いました。
現在、僕は7月上旬から、個人事業主として、トレーニングジム経営者です。幸いクライアント様もつき、初月からしっかりと売り上げを上げることができています。まだまだ自分の目標達成とまでは行きませんが、稼ぎ自体は、勤めているときとほぼ同じ収入があります。(そこから諸経費があるので、まだまだですが苦笑)
それでも、対面の仕事自体は、週4日程度。毎週木曜は長男の自宅保育。土日は休み。毎日、朝ごはんも夕ご飯もみんなで食べ、お風呂にだって毎日一緒に入れます。
この生活で収入は、働いていた時とほぼ一緒です。つまり、仕事で会社にいなくてはいけない時間なんて、限定的なんです。インターネットが普及した世の中において、仕事は、「いつでも、どこでも」できてしまうのです。でも、多くの人が、その方法を活用していないだけなのだと思います。

【4】仕事は人生の一部にしかすぎない

僕が自分が生きたい人生を第一に考え、その上で、やりたい仕事をどういう風に行えば良いか?ということを考え、現在に至ります。仕事はあくまでも人生の一部。だからこそ、その一部だけに傾倒するような生き方はしたくないと思っています。
今後、子どもの成長とともに、子どもとの関わり方も変わるでしょう。そうすれば、また違う働き方を見つけていけば良いと思っています。その根底にあるのは、自分の人生をどう生きたいか?ということだけだと思います。

最後に:子育てしているお父さんへ

こんな偉そうなことを記載している僕ですが、退職し、起業するまでには様々な葛藤、悩みに苛まれました。本当に、この状況で、子どもたちを、妻を幸せにしていくことができるだろか・・・と。
そこで、自分を救ってくれたのも、家族でした。ポジティブな妻は、ネガティブになりやすい僕を根拠のない自信で励ましてくれました。子どもたちは環境が変わり、順応するだけでも大変な状況なのに、なんとか踏ん張って、順応して行ってくれました。
だからこそ、父親であり、夫である僕は、自分の決めた道を、自信と覚悟を胸に生きるしかないという気持ちを持つだけなんです。
まだまだ、自分の言葉で皆さんに成功事例を紹介するレベルではないですが、いつの日か、僕自身の働き方をぜひ皆さんに知っておいてもらえると、良い人生を送ってもらえるはず!と思える日が来た時には、惜しみなく、その理論を皆さんにお伝えします。
その一歩を、今も踏みしめながら、生きています。こんな僕を、こんな我々、家族に勇気や元気をもらえた方は、ぜひ、我々が作るコミュニティにご参加ください。

公式LINEでは、妊娠中から子育て期におけるちょっとタメになる情報も配信しています。お気軽に覗きに来てくださいね!

2 件のコメント

  • 多良さん‼️改め耕太郎さん‼️
    ブログ読んでて泣きそうになりました‼️
    悩みに悩んで決断した転職、素晴らしい心意気と覚悟だと思います‼️
    心から応援いたします‼️(と言いつつ、なかなかBOUBOUチャンネル見れてなくてごめんなさい泣)

    • コメントありがとうございます。
      そこは、泣いてください笑

      応援してくれる方がいらっしゃるからこそ、
      前向きにがんばることができます。
      そして、その自分の心意気、覚悟を肯定するためにも
      しっかりと結果、成果を出していきますね。

      引き続き、よろしくお願い致します。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です