辛いつわりの吐き気を抑える4つのツボはココ!自宅で簡単に出来る方法

誰も教えてくれなかった!つわりってこんなに辛いの!?ちょっとだけでもいいから吐き気を軽くしたい。。。

妊娠中は、不安でいっぱい。初めての出産なら、なおさら不安がありますよね。
そんな状態に追い打ちをかける、妊娠初期から長い人では後期まで続く悪阻(つわり)。
悪阻の中でも吐き悪阻を何とかしたい!
そんなお悩みをお持ちのあなたに、この記事ではつわりの吐き気を解消するツボを4つお伝えします。

手軽に押せるツボなので、なんだか気持ちが悪いと思ったその瞬間に押してみてください。

【1】手のツボ:内関(ないかん)

内関は、手のひらを上に向けた状態で、手と手首の境目にあるしわの真ん中から指3本分ひじ側へ進んだところにあります。

内関はつわりだけではなく、乗り物良いにも良いツボと言われています。

内関バンドという物を発売されているくらい有名なツボなのですが、自身の経験からつわりが少し楽になる時とならない時があるというのが正直な感想です。1人目妊娠時にはつわりの吐き気が少し解消したツボの一つなのですが、初めての妊娠で不安がある!という妊婦さんはこのツボを押すことにより、少し吐き気が緩和されると思います。息をふーっと吐きながら3秒くらい押すと効果的です。

【2】足のツボ:足三里(あしさんり)

足三里は、膝の皿の下の靭帯の外側にあるくぼみ(犢鼻:とくび)から指幅4本分のところにあります。

つわりだけでなく、胃腸の働きを整えたり胃痛の緩和にもよいツボです。

私自身が3人とも食べつわりになり、食べないと気持ちが悪いが、食べたら今度は気持ち悪くなるという状態だったので、胃腸にとても負担をかけていました。このように胃腸に負担をかけるような食べ方をしているという妊婦さんはこのツボを押すことにより、少し吐き気が緩和されると思います。親指で心地よいくらいに抑えると効果的です。

【3】お腹のツボ:鳩尾(きゅうび)

鳩尾は、肋骨が交わる骨のへりから1~2cm下がったくぼみ(みぞおち)にあります。

つわりだけではなく、精神的な疲労やイライラの解消にもよいツボです。

このツボは3度の妊娠すべてにおいて私にとっては効果的なツボになりました。1人目の時は仕事のストレスにより常に精神的な疲労があり、2人目、3人目の妊娠中は上の子ども達のお世話をしながらの妊娠生活で常にイライラしている状態でした。このようにストレスが常にかかっているような妊婦さんはこのツボを押すことにより、少し吐き気が緩和されると思います。息を吐きながら優しくじんわり押すと効果的です。

【4】お腹のツボ:中脘(ちゅうかん)

中脘は、先程の鳩尾とおヘソの中間あたりにあります。

胃痛、胃の不調、吐き気、食欲不振に効果的です。まさにつわりの症状にばっちり効きそうですね。

このツボも3回の妊娠中にとてもお世話になったツボです。妊娠中つわりで吐きたいな…気持ちが悪いな…と思ったら、とりあえずこのツボを押していました。お腹にあるツボで強く押すと痛みが出ることもあるので、息を吐きながらじんわり押すと効果的です。

 

最後に

以上この記事ではつわりの吐き気を解消するツボを4つお伝えしました。

  1. 手のツボ:内関(ないかん)
  2. 足のツボ:足三里(あしさんり)
  3. お腹のツボ:鳩尾(きゅうび)
  4. お腹のツボ:中脘(ちゅうかん)

つわりに悩む方のお役に立てれば幸いです。

今回は辛いつわり時の吐き気を抑えるツボについてお伝えしましたが、公式LINEにて女性特有のお悩みについてのご相談もお受けしています。また、今だけご登録して頂いた方には、お体のお悩み等について女性鍼灸マッサージ師であり3児の母であるタラマイによる個別相談1時間無料のプレゼントをしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です