3児の母が発信している子どもの豆知識を知りたい人はこちらをクリック

夫へ質問!家事って本当にハードル高い?に3児の父が答えます

家事って、ちょっと僕には、ハードルが高いな!
と思っている男性も多いのではないでしょうか?でも、それって本当?この記事では3児の父である僕が実践している家事への取り組み方をお伝えしていきます。

【1】適材適所でまずは得意な方がやる

「適材適所」という言葉があるように、仕事においては組織のリーダーがそれぞれの個性をしっかりと把握し(もちろん、本人も自分自身を把握することは前提として必要)その上で、適材適所の配置・配属をしているのではないでしょうか?
この考えと同じように、家事においても夫婦間で適材適所の人員配置が必要なのではないかと思います。
例えば、僕は炊事は好きですが洗濯はそれほど好きではありません。そのため役割としては炊事をする方が家事のハードルは低いです。
不得意なものの役割を担うと途端にハードルが高くなってしまい、ネガティブな感情が大きくなってしまうでしょう。そうすると誰でも意欲を失い”やらされている感”が強くなってしまうのです。
では、どうすべきか?
まずは、夫婦共に得意な方を”まず”やるのです。そうすれば、自分にとってハードルは低く、継続率が上がります。とにかく家事は基本的には”終わりがない” 訳なので、いかに継続できるようなスタイルを作りライフスタイルに定着させるのか?ということを非常に重要なのだと思います。

【2】夫婦ともに不得意なことはどうする?

一方で、どちらも不得意な場合はどうするのか?という点について。
これは、各夫婦で価値観の違いもありますが、僕たち夫婦の一つの考えとしては、”買う”ということで解決できるのであれば、モノを買います。
例えば、我が家は第二子出産時食器を洗ったりする手間を省くために、食洗機を買いました。結局、いろいろな問題で使わなくなったのですが、これで手間や時間を省くこともできます。掃除の手間を省きたければお掃除ロボットを買うことでも解決できますよね。
この辺も考え方次第なのですが、必ずしも従来のように人の手をかける必要がないと考えるだけでも随分と気が楽になります。しかも、こういった電化製品の単価は安くないですが数年使い続けることを考えれば、1日のコストとしては、数百円レベルでしょう。
それで、時間と手間を省き、心と身体に余裕ができることで、家族に笑顔が増えるのであれば、コストパフォーマンスは高いと言えます。同じような考えで、家事代行サービスを頼んだりすることも、今となっては、選択肢の一つであると言えます。

【3】終わりがないからこそ工夫すること

よく家事には終わりがないと言われます。そして、それらを一生懸命頑張っても仕事のように評価されたり給与が払われたりしません。そのため、家事は、一生懸命に取り組んだ対価を感じにくく”ネガティブな感情”に陥りやすいと思います。だからこそ、工夫することが必要だと思います。
それは、夫婦間での役割分担であったり家事を効率化するためのツールを利用するなど、従来のやり方に固執しないようにすることは大切だと考えます。
重要なことは”時間的な余裕”をいかにして作るか?ということです。家事において、効率化できるところを効率化し、時間的な余裕を作り出すことで、子供たちと触れ合う時間を増やしたり、夫婦の時間、そして自分自身の時間を作ることで、心身ともに疲弊することなく豊かな生活を送ることができると思います。

最後に:家事って思ったほどハードル高くないですよ

今の時代、男性も女性も家事全般何でも一通りできるようにしておくことが重要だと思います。そして、そのためのツールはいくらでも準備されています。あなた自身が興味、関心を持ち、取り組めば、絶対にできるようになります。そして、家事も育児も、あなた自身が本気で取り組めば、非常に楽しいものです。それこそ、これまで、仕事を中心に生活してきていた方であれば、家事の段取りは非常に上手にでしょうし、子育てのイレギュラーさを経験すれば、仕事のイレギュラー対応は問題ないように感じるかもしれません。このように、仕事を本気でやってきた人であれば、家事・育児もきちんとできるようになります。そして、家事・育児に本気で取り組めば、仕事にも良い影響を与えてくれるはずです。そんなポジティブな感情を持って、ぜひ、家事・育児もトライしてみてください!

この記事を書いた3児のタラコウタロウと、妻のタラマイが【子育て世代を笑顔に!】をコンセプトに挑戦しているのがこちらです!

夫婦の挑戦の第1弾が、【BOUBOU channel 】です。
子育て世代のために作ったオンラインコンテンツです。もっともっと多くの人に届けたい!!
ぜひ、気になる方は、ご覧ください。(↓こちらをクリック

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です